Xデザイン学校 5回目 質的調査の分析の振り返り


前回の質的調査の記述の続きです。



Xデザイン学校 大阪分校の5回目の授業の省察です。

今回は以下の2つをまとめます。


  • 第5回目の振り返り
  • 次回に向けてチャレンジしたいこと

#05 質的調査の分析のプログラム

  • 浅野先生による講義
  • パターン分析
  • UXパターン発表
  • UXパターンを応用したサービスデザイン
  • 発表・講評

授業の振り返り

今回の5回目の授業を通して私が大きな学びとして捉えたものは以下の3つです。

  1. 概念(パターン)化
  2. また足し算
  3. リフレーミング

1つずつ掘り下げたいと思います。

1.概念(パターン)化

フィールドワークで集めたデータの分析。ここで概念(パターン)化を行いました。
これまでも概念化は先生の口からずっと出てきていた言葉ですが、初めてワークを通してはっきりとした形で言語化する作業でした。
これが、かなり難しい…。

  • 概念=パターン
  • インサイト=概念化できるものを見つける

なんとなく掴んだコツとしては

  • 「じゃぁ、これって他のことでも当てはめられるか?」

という問いをすると、

  • 概念化できていないものは、そもそもの視点がある特定の個人に向いている
  • 概念化できているものは他のものにも応用できる

というところで、うまく概念化できているかどうか確認ができる気がしました。

大きな気づきとしては他の班と調査で見つけたもの自体は同じ(似ている)にも関わらず、

  • 伝え方(要は概念の捉え方・言語化)を間違えると違った方向に向かってしまう

というところ。
これは正直、

  • 自分のこれまでの体験との照らし合わせや
  • 概念として捉える視点

を鍛えないといけないと、と会場で強く感じました。
モヤモヤ…自分では答えが見つからない状態で終了。

2.また足し算

自分が一番気をつけなければいけないところ。
小さな思いつきをペタペタと追加してしまう癖があります。
そういえば、普段の仕事の中でも思い当たる節がありました…。
もうこれは常に意識するしかない…。

3.リフレーミング

他班の発表で「物」から「人」に概念を落とし込んでいたのを見て「なるほど…!!」と思いました。

第3回目での振り返りでもリフレーミングには触れていましたが、この学校で学んでいることは、

  • 決してその回単発のものではなく、
  • すべての回・仕事・人生にまで

広げられる技術や知識、経験なのだということに改めて気づいた瞬間でもありました。
そして、これを通して改めて「概念」というものも理解。

良い勉強になりました。
ただ…自分の中では体が覚えられていないのでかなり今後も苦戦しそう。ひたすら意識しながら繰り返すしかなさそうです。

次回に向けてチャレンジしたいこと

改めて気づいたことを普段の仕事にも落とし込む

概念化・足し算・リフレーミング
これまでの振り返りでも何回もでてきたワードに改めて気づく回でした。
試行がまだまだ足りないのだと思います。
自分が普段行なっている仕事でも「これって当てはまっているかな?」ということを確認しながら進めます。

さいごに

2日間、みなさんお疲れ様でした!
フィールドワークとは何を見るのか、これまで気になっていたところがスッキリしました。
見えるものに問いをたてることも忘れずに、次回に挑みたいと思います。


関連エントリー

リンク

Xデザイン学校 1回目 ブートキャンプの振り返り

リンク

Xデザイン学校 2回目 オブザベーションの振り返り

リンク

Xデザイン学校 3回目 ビジネスインタビューの振り返り

リンク

Xデザイン学校 4回目 質的調査と記述の振り返り