海辺の家って塩害とかどうなの?5年以上住む私が感じるメリットとデメリット



こんにちは。
全然変わってないカワッタデザインの河田です。

私は実家も今住んでいる家も海辺のマンションです。
この話をすると必ずと言って良いほど

  • 「海辺の家ってどうなん?」
  • 「塩害とかやっぱりあるん?」
  • 「洗濯物とか大丈夫なん?」

と聞かれます。

そこで、実家も含め5年以上海辺の家に住む私が海辺の家に住んで感じるメリット・デメリットをご紹介します。
海辺の家の購入をお考えの方の少しでも参考になれば幸いです。



海辺の家に住むデメリット



あとで悪いことが書いてあってテンション下がるのも…と思ったので、先にデメリットからご紹介します。
一番気になるのは「塩害」かと思います。


海辺の家の「塩害」や「湿気」ってどうなの?

洗濯物

まずは、洗濯物。
塩害ではないですが、海の湿気により、多少乾きにくい時があります。
特に曇りの日。取り込んでからもなんかしっとりしているというか…ジメジメ感が残っている事はあります。
ですが、海辺の家は日差しも強く、晴れの日は日光が当たる時間帯はすぐに乾きます。
海特有の磯の匂いがつくなどは経験がありません。

追記:
お家によっては「洗濯物に磯の匂いがついてしまった」という方もいるようです。
おそらく、住んでいる場所・風向き・近隣の海の状況・マンションでいうと階層など、様々な状況で違うようです。
もし、海辺の家を考えていらっしゃる方は、現地へ行きしっかりと目と鼻で確かめると良いと思います。

自転車

みなさんが気になる塩害の対象物は自動車や自転車ですよね。
自転車は…新品で購入した自転車でもコーティングがされていないサドルの金属部分などは割とすぐに錆びていきます。
ただし、乗れなくなるほどの被害というのは受けた事がありません。

植物

うちの家はベランダが比較的広いので控えめに家庭菜園をやっていますが、塩の被害で枯れたり…ということは今のところありません。無事にトマト・ナス・大葉など収穫ができています。

窓ガラス

台風や風の強い日に巻き上げられた塩が窓ガラスにこびり付きます。
そして、徐々に曇りガラスのようになっていきます。
せっかくの海の景色がだんだん白く…。

ところが、実際に生活をしていると、そんなに海の景色を毎日家の中からじっくり見たいとは思わなくなってきます。
窓は綺麗にこした事はないですが、海が見たくなったらベランダに出て見るので、窓の汚れをそれほど気にした事はありません。

予想外のものが錆びる

私は新築のマンションに引っ越してきました。
そのマンションで話題になったのは「階数表示の板が錆びる」というものです。
ステンレス製でコーティングもしてあり、基本的には錆びにくい素材のものでも錆びます。
施工業者の人によると塩による「もらい錆び」と言っていました。

ちなみに、マンションでは階によって塩害の被害も違います。
おそらく風が吹き上げるからだと思うのですが、意外と高層階が被害を受けているということもありました。


海辺の家に住むメリット


私は冒頭で書いたとおり、実家も海辺のマンションでした。
そして、今住んでいる家も海辺のマンションです。
また海辺の家を選んだのは、やはり海辺の家ならではの魅力があるからです。

海辺の家に住むメリットをご紹介します。

窓を開けたら波の音が聞こえる



当然ですが、これは海辺の家でも場所によって異なります。
私の実家のマンションは砂浜のすぐそばに建っているため、窓を開けたら波の音が聞こえてきました。
夏の夜は窓を開けて寝ていたら、砂浜で寝ているような気分になれます。

今の家は海に囲われていますが、残念ながら漁港のため、波の音は聞こえません。


釣りにすぐに行ける



家から出たらすぐ釣りができます。
釣り好きの人にとっては最高です。


子連れだと近くの海で毎日遊ばせることができる



こちらは春・夏・秋の暖かい日限定ではありますが、海辺は子供にとって最高の遊びスポットです。



ちょっと網をもって磯遊びにでかけたら、カニや魚を捕まえて遊ぶことができます。
もちろん、夏場は毎日でも泳ぐことだってできます。


なにより景色の良さを楽しめる



東の水平線から上る真っ赤な朝日。
夏の日に日差しを受けてキラキラ光る水面。
満月の夜には月の光が水面に反射して驚くほど明るかったり、
やっぱり、何よりも景色が楽しめることが一番の魅力だと思います。


さいごに


海辺の家でも一戸建てとマンションだと、また違ってくるのではないかと思います。
一戸建ては自分で管理するとなると、なかなか大変そうな気がします…。

とはいえ、基本的には海辺の家、オススメです!
今の家での生活も楽しいなぁと思うことが多いです。

塩害など気にされるかもしれませんが、なんとかなるもんですよ。

夜、ベランダの椅子に座って、夜風に当たりながら水辺に揺れる月明かりを見たり、朝一番の朝日を見たりすると疲れも一気に吹き飛びます。

海辺の家をご検討中の方の参考になれば幸いです!