「社会変化」をきっかけに「非デザイナーのためのデザイン勉強会#01」を行いました



こんにちは!
全然変わってないカワッタデザインの河田です。

8月末、「非デザイナーのためのデザイン勉強会」と題して勉強会を行いました。

個人の企画として初めてこのような会を行いました。
色々と思うところがあったので振り返ってみようと思います。


デザイナーじゃなくてもグラフィックデザインに触れる人は多い


実は、先月末、突発的に思いついた今回の企画。
思いついたその場で会場に電話をし、場所をおさえました。

約1ヶ月前からの告知ではありましたが、正直人が集まるのか不安な日々…。


ただ、


  • デザイナーじゃないけどグラフィックデザインに触れる機会がある人は、実はとても多い

はず。

そう仮説を立てて広報活動を行いました。

おかげさまで、当日は40名を超える方々に参加いただきました。
本当にありがとうございました。


第1回は基礎をしっかりと行いました

アンケートのご紹介

終了後のアンケートにはこんなことを書いていただいていました。








みなさん、アンケートもギッシリと書いてくださっていて、本当に嬉しかったです。

「今まで出た全てのセミナーの中で1番楽しかった。」

ありがとうございます、そんなに言われたら調子にのります笑
でも、それだけ価値があったのであれば、是非続けたいと思います。

第1回の内容は基礎をしっかりと



第1回は、専門学校で2年間、学生たちに耳が痛くなるぐらい言う基礎を中心にお話ししました。
正直、この回だけでも知識がない人にとってはかなり価値があると思います。

ただ、上に書いたように2年間も学生たちに言い続けるぐらいなので、この基礎を全て頭に入れて自分が作るものの隅々まで意識をして作るのはとても難しいことなんです。

1回の授業で知識は得ても、それを

  • 実践して
  • 失敗して
  • 改善して
  • 体が覚えて

をしないと、残念ながら本当の意味での勉強にはなりません。
是非、今後も一緒にみなさんと勉強していけたらと思います。

企画のきっかけは「社会変化」



これまで専門学校で、ほとんどが高校を卒業したばかりの年齢の子にばかり教えてきました。
私が務める専門学校では、今は仕事をしながら通える社会人向けのコースはありません。
そんな中で今回の勉強会を企画したのは「社会変化」がきかっけでした。

社会変化1「人口減少」


実は、この8月、「人口減少」について考えることが多い1ヶ月でした。

「人口減少」のオンパレード笑
人口減少月間とでも言うべきひと月でした。

人口減少は単に人が減っていくというだけのものではなく、当然様々な物事に影響を与えます。

社会変化2「景気の悪化」



もう確実に来る「人口減少」の未来とはちょっと違い、こちらはあくまで仮説です。
オリンピック後に日本は景気が一気に悪化するのではないかというもの。もちろん、人口減少の影響も受けつつ。

景気が悪化した時、企業が真っ先に削る予算が「広告・宣伝費」なのではないかと考えると、デザイナーとしては戦々恐々としているわけです。

社会変化3「人生100年時代」



超高齢化社会。100歳まで生きるとしてずっと同じ仕事、働き方を死ぬまでできるとは限りません。
人口減少・景気の悪化に反比例し人件費は上がる。もしかしたら一気にリストラの波がきて、企業で働くことが困難になるかもしれない。
とにかく、どんな未来が来るかは解りませんが、新しいことを学び続けることを辞めてはいけないのだと思います。


社会変化4「テクノロジーの進歩」



  • AI(人工知能)時代
  • 医療技術の向上

テクノロジーの進歩と言っても色々あります。
身近なところでいうと、これまで私たちが何年もかけて培ってきた技術などが、新しいサービスによって誰でも使えるようになったりするのかもしれません。

たとえば、Canvaというグラフィックデザインのサービスがでてきました。まだそこまで精度は高くないかもしれませんが、グラフィックデザインはIllustratorやPhotoshopなどの専門のソフトがなくても誰でもできる時代になりつつあります。

社会変化によって見える未来

  • 企業の「広告・宣伝費」が削られ、
  • テクノロジーの進歩によって「誰でも簡単にグラフィックデザインができる」ようになったらどうなるか…。

一般の人たち

残念。
ソフトが使いやすくなっても、残念ながらしっかりと効果が得られるグラフィックデザインはできないと思います。それなりに知識が必要です。
でも、逆を言うとソフトのハードルは下がっているので、デザインの知識をしっかりと学べば、

  • 誰でも
  • 簡単に
  • お金をかけずに

広告を自分たちで作れるようになる未来は近いと思います。

グラフィックデザイナーたち

グラフィックデザイナーと言っても第一線で活躍する人から細々と仕事を受けながら行なっている人、様々だと思います。
オペレーター的に定期的なチラシなどをひたすら作っている人は、将来危険かもしれません。

  • グラフィックデザインだけではない提案ができる
  • 経営まで考えられる
  • 企画ができる

など、グラフィックデザイン+「?」な能力が今後、ますます求められるのじゃないかと…自分への戒めでもあります。

自分は今後、何ができるのか、どのように生きていくのか、まだ解りません…。が、可能性を広げられるように、日々新しいことを学んでいきたいと思います。


さいごに


こんな勉強会の企画やってますが、ちゃんとデザインのお仕事もしてます。
デザインを作りつつ…

などなど、自分ができること、得意とすることはどんどんやっていきたいと思います。
みなさま、今後ともよろしくお願い致します。



関連エントリー

リンク

「社会変化」をきっかけに「非デザイナーのためのデザイン勉強会#01」を行いました

リンク

私のロゴデザイン制作の流れ「カワッタデザイン」(アイデア出し〜データ制作まで)

リンク

「え?なにこれ、かわいい。」中国の今どきグラフィックデザインをご紹介